Google Page Rank Checker
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
新型インフル患者、85%が20歳代以下-感染研
2009 / 08 / 26 ( Wed )
新型インフル患者、85%が20歳代以下-感染研

グラフ インフルエンザ定点患者累積報告数年代別割合(国立感染症研究所感染症情報センターのデータを基に編集部作成)

 国立感染症研究所感染症情報センターによると、今年第28週(7月6-12日)から第33週(8月10-16日)の間に、全国の定点医療機関から報告されたインフルエンザ患者の1万8438人のうち約85%に当たる1万5768人が20歳代以下だった。

現在、国内で検出されているインフルエンザウイルスのほとんどが新型であるため、患者の大半が新型に感染していると考えられる。


 同センターの調べでは、患者の年代別の割合は0-4歳10.6%、5-9歳20.3%、10-14歳21.0%、15-19歳17.9%、20-29歳15.7%だった=グラフ=。


 同センターでは、10歳未満の患者が多い季節性インフルエンザと違い、今回の新型では「10歳代の人が多い」と分析。

特に5-19歳が患者発生の中心とみている。

今後はほかの年代にも感染が広がる可能性があるため、警戒を呼び掛けている。


クリックで拡大



スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

12 : 47 : 54 | 新型インフルエンザ | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。