Google Page Rank Checker
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
チベット暴動 追悼法要 善光寺で聖火リレーの朝
2008 / 04 / 21 ( Mon )
チベット暴動 追悼法要 善光寺で聖火リレーの朝


 長野市で26日に行われる北京五輪聖火リレーの出発式典会場を辞退した善光寺で同日早朝、チベット暴動の犠牲者を追悼する法要が営まれることになった。市民団体「チベット問題を考える長野の会」(野池元基代表)が21日発表した。

 亡命チベット人や支援者の国際組織「チベットに自由を求める学生の会」(SFT)日本支部との共催。善光寺の僧侶5人を含む7人でつくる「平和を願う僧侶の会」(若麻績敬史(わかおみけいし)代表)が協力する。

 善光寺本堂で毎朝行われる勤行に合わせて追悼法要を営み、暴動で犠牲になったチベット人と中国人の名前を読み上げる。当日は午前6時半に境内に集合、在日チベット人家族と支援者ら約40人が参列する予定。一般の参加も受け付ける。

 法要後、両団体は聖火リレーのルートとなる出発点やJR長野駅前付近などに「チベットに自由を」などと書いた横断幕を掲げ、アピール活動をする。

 善光寺に39ある宿坊の一つの住職である若麻績代表は「一人の僧侶として参加し、国や民族などの差異を超えた互いの理解を願う」と話した。

スポンサーサイト
20 : 12 : 50 | 時事ニュース | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。