Google Page Rank Checker
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
繊細演技ミス超越 世界フィギュア浅田真選手初V 転倒『頑張らなきゃって』
2008 / 03 / 21 ( Fri )
繊細演技ミス超越 世界フィギュア浅田真選手初V 転倒『頑張らなきゃって』



 天才から女王へ。浅田真央選手を頂点に立たせたのは与えられた才能ではなく、自ら手に入れた強さ。失敗を乗り越えたフリーの演技に凝縮された。

 氷に横たわった体が、フェンス際まで滑っていった。冒頭のトリプルアクセル。跳ぼうとした瞬間、踏み切る左足が抜けて転倒した。練習でも経験のないミス。「転んだ時は何も考えることができなかったけど、頑張らなきゃって思った」。今季、失敗を繰り返して培った精神力。強打した腰には裂傷を負っていたが、表情も変えず滑り続けた。

 直後の三-三回転連続ジャンプを完ぺきに決めて立て直した。次のスピンでは最高のレベル4を獲得した。以降も目立った失敗はゼロ。ミスの余韻を消し、繊細なピアノの調べに乗って会場を自分の世界へと引き込んだ。

 昨季は2位。「悔しい思いをした」。トップとの差を埋めるため、ジャンプはもちろん、指先まで気を配った情感あふれる演技を磨いてきた。

 基礎点はゼロ、さらに1点減点される致命傷になりかねない最初のミスを埋めたのは、この演技力。表現力や振り付けなど5項目の演技点は7点台をそろえ、ただ一人の60点台をマークした。

 進化した姿で立った表彰台の一番上。胸に金メダルを下げ、笑みが広がった。「すごくうれしい。ホッとしてます」。素直な感情を吐き出してから、こう続けた。「でもトリプルアクセルが跳べなかった。それが一番悔しい」。もっと強く、もっと完ぺきに。連覇とバンクーバー五輪の金メダルを見つめて。
スポンサーサイト
21 : 37 : 10 | 時事ニュース | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。