Google Page Rank Checker
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
パリダカ
2008 / 01 / 10 ( Thu )
【ビジネスのネタ話になる今どきの一般常識 】

■つい先日、『ダカール・ラリー』、通称パリ・ダカが中止になってしまったよね。がっかりしたモータースポーツファンも多いようだけれど、この『ダカール・ラリー』ってどんなものなのかな?

ダカール・ラリーとは、世界一過酷なモータースポーツ競技とも呼ばれる自動車レースのこと。スタート地点はパリからセネガルの首都ダカールまでで、その走行距離は12000キロもあるんだ。ドライバーは大会期間中の何週間もの間、運転し続けなければならないんだよね。

この耐久レースは1979年から始まったのだけれど、それから毎年、年末から年始にかけて行われているんだよ。ただ、最近の大会では社会事情などを考慮してスタート地点やゴール地点が変更になっていたみたい。

レース中は、ほとんど人の住んでいないサハラ砂漠を通過しなければならず、また政治的に不安定な地域がコースの中にあることも世界一過酷なレースたるゆえんなんだよ。実際にテロや強盗にあう人もいて、死傷者がたえない大会なんだって。

今回中止になってしまったのは、5日から開催されるはずだった第30回大会。ポルトガルのリスボンからダカールまでの予定だったの、。

ちなみに前大会までで、このパリ・ダカに優勝した日本人は2人。日本人で初優勝した篠塚建次郎さんと、02年と03年連続優勝の増岡浩さんがいるんだ。

砂漠は厳しいよね。               方向感覚がわからないよね。
スポンサーサイト
03 : 31 : 32 | 時事ニュース | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。