Google Page Rank Checker
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
<四川大地震>医療チーム 成都市内の病院で活動へ
2008 / 05 / 21 ( Wed )
<四川大地震>医療チーム 成都市内の病院で活動へ




「中国側の判断を待っている。何日もこうしているわけにはいかない」。中国・四川大地震で日本政府が派遣した国際緊急援助隊医療チーム(23人)の田尻和宏団長は、記者団にいらだちを隠さなかった。中国側との思惑の違いから、活動場所の決定は成都到着からほぼ24時間後の21日深夜にずれ込んだ。一刻も早く被災者治療をと意気込んで現地入りした医療チームは、丸一日足止めを強いられた。
故郷は滅んだ…中国・四川大地震

 日本の医療チームの活動場所に決まったのは、成都市内にある四川大学華西病院。22日から活動を開始する。

 中国側は当初、医療チームに成都市内の総合病院、成都第1人民病院での支援活動を要求した。「骨折を中心に23人が医師不足のため手術待ちだ。それを支援してほしい」と、具体的な内容も伝えてきた。

 だが日本チームが想定したのは、診療施設がなく医師がいない被災現場に直接出向き、仮設の診療所を設けて治療に当たる「野戦病院」方式。そのために簡易エックス線検査や応急外科手術などの装備を整え、成都に乗り込んできた。双方の意向はかみ合わず、長時間の調整が続いた。

 華西病院も設備が整った総合病院だ。日本側は中国側の意向に押し切られ、被災地の最前線での治療活動を断念した形だ。

 先に派遣された日本の緊急援助隊も、活動場所が二転三転し1人の生存者も発見できず帰国した。繰り返された活動場所をめぐる思惑の違いの表面化は、国境を越える緊急支援の難しさを浮き彫りにした。

 中国共産党機関紙「人民日報」によると、ロシアの医療チームは20日に成都入りし、21日には四川省彭州(ほうしゅう)市で活動を開始。仮設の移動病院を設置し、負傷者の治療に当たった。新華社通信はロシアの移動病院について「手術室、病室、作業部屋などを備えている」と写真入りで説明した。

20 : 17 : 46 | 時事ニュース | page top↑
ガチャガチャ飲み窒息 バンダイに2600万円賠償命令
2008 / 05 / 20 ( Tue )
ガチャガチャ飲み窒息 バンダイに2600万円賠償命令


 「ガチャガチャ」などと呼ばれる玩具入りカプセルのカプセルがのどに詰まり、窒息状態になって脳に重度の後遺症を負ったのはカプセルの欠陥が原因だとして、鹿児島市内在住の小学校3年の男子児童(8)と両親が製造・販売会社「バンプレスト」(現バンダイナムコゲームス、東京都品川区)に約1億800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が20日、鹿児島地裁であった。高野裕裁判長は「カプセルは幼児の口に入り、窒息を引き起こす危険性があった」と企業側の製造物責任を認め、男児側に約2600万円を支払うよう命じた。

 判決によると、02年8月、当時2歳だった男児は鹿児島市内の自宅で直径4センチのプラスチック製の球状カプセルを手にして走り回っていた際、口に持っていった瞬間に過ってのみ込んでしまった。母親が取り出そうとしたが、手が入るすき間がなかった。このため病院で医療器具を使って取り出したが、その間、男児は低酸素状態となり、脳に重度の後遺症がのこった。

 判決などによると、商品名は「プチポンコレクション」。通常、カプセルの内部にアニメキャラクターの人形などが入っている。ゲームセンターやショッピングセンターに設置されたゲーム機に100円を投入し、ゲームの景品として少なくとも一つを購入できる仕組みだという。

 企業側はこのカプセルについて「玩具カプセルの直径が31・8ミリの円筒内に収まらないサイズとする日本玩具協会の安全基準(ST基準)を満たしている」として「カプセルに欠陥はない」と主張していた。

 判決は「3歳未満の幼児が玩具を取り出した後にカプセルで遊ぶことは予想でき、3歳前後の子どもの口の開く大きさが直径4センチを超えることを想像できたはずだ」と指摘。カプセルの構造について「のみ込んだ場合に備えて取り出しやすくするため、角形にしたり、気道確保のための穴を複数設ける設計が必要だった」とした。

 そうした企業側の責任を踏まえ、判決は「企業は幼児の口の中にカプセルが入ることを防止する必要があり、安全基準を満たすだけで窒息防止に十分な安全性を有していたとは認められない」と結論づけた。

 同社広報部は朝日新聞の取材に「判決文が届いておらず、コメントできません」と話した。

20 : 35 : 50 | 時事ニュース | page top↑
舞鶴女子高生殺害 最後のメール「迷子になった」
2008 / 05 / 18 ( Sun )
舞鶴女子高生殺害 最後のメール「迷子になった」
 京都府舞鶴市で15歳の女子高校生が殺害された事件で、女子高校生が最後の電話の直前に、「迷子になった」というメールを別の友人に送っていたことが分かりました。

 京都府舞鶴市で遺体で見つかった女子高校生・小杉美穂さんは、7日未明に殺害されたとみられています。美穂さんは7日午前0時50分ごろ、友人の女性に「薬局の前にいる」と最後の電話をしていましたが、その後の調べで、その直前に、友人の男性に「迷子になった」とメールを送っていたことが分かりました。さらに10分後には電話もかけていましたが、男性はメールも電話も気づかなかったということです。この時間帯には、薬局近くの図書館の前で美穂さんとみられる女性が1人で立っている姿が目撃されていて、警察は誰かと待ち合わせをした可能性があるとみています。その後の時間帯には、美穂さんと自転車を押す男性が海沿いの道路を歩く姿を複数の防犯カメラがとらえています

21 : 18 : 55 | 時事ニュース | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。